SMCm | POP3 Mail Client

※このページの画像はクリックすると新しいタブで拡大表示されます。


ダウンロードは こちらから

はじめに


SMCmは
SDIY(Software D.I.Y.) Mail Client by M(ail|ime)Kit の略です。

スムクムと読んでください。
長年nPOPQ < http://hp.vector.co.jp/authors/VA003011/#NPOPQ > にお世話になっていたのですが、
受信中に異常終了することがあり(おそらくヘッダに記載されたEncodingと実際の内容が一致していないメールや
Dateヘッダが欠落しているメールが原因)、メンテナンスもされていないようなので自作することにしました。
POP3サーバーからのメールの削除方法などはnPOPQ(nPOP)を使ったことのある人なら違和感なく
使うことができると思います。

多数のメールアカウントを持っていて、不要なメールが多い場合、
ヘッダだけを受信して不要メールを削除するような使い方を想定しています。

SMCmの設定画面(Application Setting, Group Setting, Account Setting)はほとんど入力チェックをしていません。
PCソフトにある程度慣れのある方でないと使うのは難しいかもしれません。

ライセンスと使用リソースの詳細


SMCmは多くの無償で公開されているリソースに依存しています。
これらのリソースを公開している方々に深く感謝いたします。
使用しているリソースの詳細は SMCm.About.txt を参照してください。
SMCmのメニューやメッセージは英語のみです。

SMCmはSTEa(S.D.I.Yの作成したテキストエディタ)に依存しているので、
配布zipはSTEaの起動に必要なファイルをすべて含んできます。
SMCmだけを使用する場合、STEa.exeとSTEArgumentGenerator.exeのみ削除することが可能です。
(合計で50KByte程ですが)
詳細およびライセンスは SMCm.Help.txt を参照してください。
使用しているリソースとそのライセンスは SMCm.About.txt を参照してください。

特徴

A.ヘッダのみをダウンロードすることが可能

アカウント毎の受信設定で [ヘッダのみ]/[ボディも受信]を選択できます。
[Account Setting Window]/[Get Message Body]チェックボックスで設定。

B.グループ受信

デフォルトではAllグループのみが存在し、すべてのアカウントがこれに属します。
追加のグループが作成可能で、アカウントは複数のグループに属することが可能です。
グループにも受信設定があり、グループ受信時の動作を上記Aとは別に設定できます。
[Group Setting Window]/[Get Message Body]コンボボックスで設定。


C.ブックマーク

メールにブックマークを付けることができます。
[Ctrl+F2]またはコンテキストメニューを使用。

D.メールアドレスの補完

送信メールの作成時にTo,Cc,Bccの入力欄で補完が可能です。(Ctrl+Spaceキー)

E.3パターンの画面レイアウト

a.Standard3Pane b.Left Splited 3 Pane c.3 Column

F.フォンサイズにUI全体のサイズが比例

メール表示エリアでControlキーを押下した状態でマウスホイールを回転させるとフォントサイズが変わります。
フォントサイズに比例してUIのほとんどの要素のサイズが変わります。
(グリッド部分はフォントサイズの縮小に追従しません。縮小時は[Shrink Column Width]ボタンを押す必要があります。)
フォントサイズ12pt 全画面表示(1920x1080 50%縮小) フォントサイズ18pt 全画面表示(1920x1080 50%縮小)