STEa | Text Editor

※このページの画像はクリックすると新しいタブで拡大表示されます。


ダウンロードは こちらから

はじめに


STEaは
SDIY(Software D.I.Y.) Text Editor by AvalonEdit の略です。

ステアと読んでください。
Tabインデントによるテキストの折りたたみが可能なテキストエディターがほしいと思い
自分で作りました。メモを書くことが主目的です。

STEaは多くの無償で公開されているリソースに依存しています。
これらのリソースを公開している方々に深く感謝いたします。
使用しているリソースの詳細はSTEa.About.txtを参照してください。
STEa本体のメニューやメッセージは英語のみです。
(STEa.exeの起動パラメーター作成ツール、STEArgumentGenerator.exeのパラメーター説明のみ日本語)

英語版のサイトや説明をかいて海外向けにも公開するのが目標です。

ライセンスと使用リソースの詳細


詳細およびライセンスは STEa.Help.txt を参照してください。
使用しているリソースとそのライセンスは STEa.About.txt を参照してください。

特徴

A.Tabインデントによるテキストの折りたたみが可能

  • Ctrl+1~5で折りたたむレベルが変わります。(5はすべて展開)
  • "{", "}" による折りたたみ、XMLのタグによる折りたたみも可能です。

  • Ctrl+1 トップレベルのみ Ctrl+2 第2レベルまで Ctrl+5 すべて展開


B.ウィンドウ幅でテキストを折り返した場合、折り返し行が先頭行のインデントを引き継ぐ

(AvalonEditの機能です)
  • Ctrl+Shift+Enterでトグル切替

  • 折り返しなし: 折り返しあり:


C.印刷でも折り返し行が先頭行のインデントを引き継ぐ

こちらはSTEaオリジナルです。
Flow Documentを生成する際に工夫しています。



D.BookMark

  • メモを付けることが可能です。BookMark箇所をMouseOverするとPopupでメモの表示、編集が可能です。

  • 縦スクロール可能な状態ではスクロールバー上にBookMarkの位置が表示されます。
  • ToolTipで内容が確認できます。クリックすると当該箇所へジャンプします。

  • 一覧表示のコントロール有、当該箇所へのジャンプ、削除、メモの編集、Save,Loadができます。

  • Popupでメモの表示、編集が可能 スクロールバーのToolTip表示

E.変更表示

  • テキストを変更すると当該行のエディタ領域の左側にマーカーが付きます。(追加:青、削除:赤、変更:紫)
    • [変更:紫]の場合、色のついた箇所にMouseOverすると[差分/変更前テキスト]の確認ができます。
    • [削除:赤]の場合、色のついた箇所にMouseOverすると[削除されたテキスト]の確認ができます。

  • 縦スクロール可能な状態ではスクロールバー上にも色が付き、クリックすると当該箇所へジャンプします。



  • ※新規ドキュメントは保存するか、[Tool]メニューの[Reset Change Marker Base]を実行すると変更表示が有効になります。

F.ドキュメントのスナップショット

  • スナップショット作成を指示した時点のドキュメントの内容のコピーを内部的に保持します。
  • (AvalonEditの機能を使ってます。ソースの中を確認していませんがCopy on Write的なことをやっていると思います。)
    作成時に元ファイルのFullPathにID番号、タイムスタンプが追加情報で付きます。メモを付けることも可能です。

  • 作成したスナップショットは下記の2つの用途あがあります。
    • [E.変更表示]の変更前状態として使う。
    • 通常のドキュメントとして開く



G.Memoモード

  • コマンドライン引数に -memo を指定するとMemoモードになります。

  • Memoモード Memoモードで編集したファイルの内容